パワハラ研修、セクハラ研修、ハラスメント研修の株式会社ヒューマンクオリティーはセクハラ、パワハラ、アカハラ防止研修・相談窓口・ 対応策・体制づくりを支援するハラスメント防止対策の専門機関です。

資料請求はこちらホーム

バックナンバー

オープンセミナーの詳細 (ハラスメント防止実践コース)

人事担当者・管理職・リーダー層対象 部下育成のコミュニケーションセミナー やる気を引き出し、打たれ強い部下を育てる

基本的に上司、部下の間には、ある種のパワーが存在しています。
パワーに基づいた強制力で指導するのではなく、主体性を引き出し、能力を発揮させるためには、部下の話を「聴く」ことが大切です。

しかし、真に傾聴するのは至難の業。十分な練習が必要です。

このセミナーは前半にまず「傾聴力」を磨いたうえで、後半にいまどきの打たれ弱い部下を理解し、部下のストレス対処能力を高めるためにどのように関ればよいのかを学びます。

自律性をもって行動できる、メンタルが強い部下を育成することを目的としたセミナーです。

人事担当者の方にとっては、今後の御社の教育の方向性を検討するうえでも、参考にしていただける内容です。

「部下育成のコミュニケーションセミナー」のダウンロードはこちら


セミナー概要

対象

人事担当者
コンプライアンス窓口担当者
相談窓口担当者の方
管理職の方
職場のリーダークラスの方

※教育研修会社、経営コンサルティング会社、社労士法人に勤務中の方等、同業他社の方のご参加はご遠慮いただいております。
※個人としての参加は受け付けておりません。

プログラム

1. メンタルタフネスを引き出すために傾聴はなぜ必要か

2. 傾聴のスキル
  <ワーク>

3. 若手社員世代の特性を理解する
  <ワーク>職場の振り返り
  ・今どき社員の特性
  ・メンタル傾向とうつ

4. メンタルタフネスと「首尾一貫感覚」
  <ワーク>SOCチェックテスト
  ・「SOC」首尾一貫感覚とは何か
  ・「SOC」を高めるには

5. 個人と組織のメンタルタフネス力アップ
  <ワーク>ケース・スタディー
  ・部下のストレス耐性を高めるコミュニケーション
  ・部下との関わり方

講師

石橋真希子
((株)ヒューマン・クオリティー / ハラスメント対策コンサルタント / 精神保健福祉士 シニア産業カウンセラー)

多くの官公庁や企業、学校などでハラスメント防止研修を行う。同時にハラスメント外部相談窓口のカウンセラーとして実際の相談者や指導者への個別対応も行っています。現場での活動を通じて実践的にハラスメント防止に向けて、会社や管理職がどう取り組むべきかお伝えします。

会場

株式会社ヒューマン・クオリティー 会議室
〒107-0062 東京都港区南青山3-1-3 スプライン青山東急ビル6F

定員

12名

開催日時

2016年2月8日(月)10:00〜17:00 ※受付終了いたしました

参加費用

32,400円(消費税・教材費込・お一人様のご費用です)
※同一団体から2名以上ご参加の場合は27,400円/お1人様

最新のオープンセミナーはこちら