パワハラ研修、セクハラ研修、ハラスメント研修の株式会社ヒューマンクオリティーはセクハラ、パワハラ、アカハラ防止研修・相談窓口・ 対応策・体制づくりを支援するハラスメント防止対策の専門機関です。

資料請求はこちらホーム

研修・コンサルテーション・相談窓口

サービスポリシー

ヒューマン・クオリティーは、上記のようなサービスポリシーを持ち、セクシュアルハラスメントの防止、パワーハラスメントの防止、マタニティハラスメントの防止に取り組んでおります。貴社・貴法人の社内での問題にお悩みの方やお気軽にお問い合わせください。


ヒューマン・クオリティーの主なサービス

ハラスメント研修・コンサルテーション

今、職場の三大ハラスメントと言われるセクハラ、パワハラ、マタハラ。組織の大きなリスクであるハラスメントについて理解を深め、ハラスメントを他人事ではなく、自分事として捉え、より良い職場環境づくりを一人でつくるためのハラスメント研修です。具体的な組織や職場の状況・課題を踏まえた研修を実施いたします。

<全社員対象>ハラスメント防止研修(2-7時間)
セクハラ、パワハラ、マタハラ、ハラスメントについての理解。なぜ防止に取り組まなければいけないのか?ハラスメントと適切な関わりの違い。事例検討。ハラスメントをしない、引き込まない、見過ごさないために。
<管理職対象>ハラスメント防止研修(2-7時間)
セクハラ、パワハラ、マタハラ、ハラスメントについての理解。なぜ防止に取り組まなければいけないのか?教育指導とパワハラの違い。事例検討。ハラスメントにならない指導法。ハラスメントの相談対応。
<一般社員対象>ハラスメント防止研修(2-3時間)
セクハラ、パワハラ、マタハラ、ハラスメントについての理解。事例検討。ハラスメントを防ぐためのコミュニケーション。
<相談員・人事担当者対象>ハラスメント防止研修(3-14時間)
セクハラ、パワハラ、マタハラ、ハラスメントの相談対応のための具体的なトレーニング。カウンセリングの基礎を含めた相談、解決まで。ハラスメント防止のための体制づくり。
  • 社内の実態調査、アンケート調査と分析
  • 社内指針の作成
  • 相談体制づくり、相談マニュアルの作成
  • 解決のためのサポート、相談者・当事者カウンセリング
  • リーフレット・ポスター、イントラネットなどの制作

セクシュアル・ハラスメント研修・コンサルテーション

セクシャルハラスメント防止研修では、身近な事例やチェックシート、ケーススタディーを取り入れながら、参加型のセクシャルハラスメント防止研修を行います。パワーハラスメント防止を盛り込んだ研修も行っております。

<管理職対象>セクハラ防止研修(2-7時間)
セクシャルハラスメントについての理解。なぜ防止に取り組まなければいけないのか?職場での具体的なセクシャルハラスメント防止、相談対応、解決まで。
<一般社員対象>セクハラ防止研修(2-3時間)
セクシャルハラスメントについての理解。職場での具体的なセクシャルハラスメント防止。セクハラが発生したときの対応。
<女性社員対象>セクハラ防止研修(2-7時間)
セクシャルハラスメントについての理解。セクハラが発生したときの対応。アサーティブネストレーニング。
<相談員・人事担当者対象>セクハラ防止研修(3-14時間)
セクシャルハラスメントやパワーハラスメントの相談対応のための具体的なトレーニング。カウンセリングの基礎を含めた相談、解決まで。ハラスメント防止のための体制づくり。
  • 社内の実態調査、アンケート調査と分析
  • 社内指針の作成
  • 相談体制づくり、相談マニュアルの作成
  • 解決のためのサポート、相談者・当事者カウンセリング
  • リーフレット・ポスター、イントラネットなどの制作

パワー・ハラスメント研修・コンサルテーション

パワーハラスメントの問題は、指導育成や業務上の命令とパワーハラスメントがどう違うのか、を理解すること、自身のマネジメントスタイルについての気づきが大切です。組織の課題や研修目的などを丁寧に打ち合わせした上で研修を実施いたします。管理職のマネジメント研修やコミュニケーショントレーニングの一環としての実施も効果的です。

<管理職対象>パワハラ防止研修(2-7時間)
パワーハラスメントについての理解。なぜ防止に取り組まなければいけないのか?教育指導とパワハラの違い。セクハラとパワハラの関係とは。職場での具体的なパワーハラスメント防止、相談対応。
<一般社員対象>パワハラ防止研修(2-3時間)
パワーハラスメントについての理解。セクハラとパワハラの関係とは、パワーハラスメントが発生したときの対応。
<相談員・人事担当者対象>パワハラ防止研修(3-14時間)
パワーハラスメントやセクシャルハラスメントの相談対応のための具体的なトレーニング。カウンセリングの基礎を含めた相談、解決まで。ハラスメント防止のための体制づくり。
  • 社内の実態調査、アンケート調査と分析
  • 社内指針の作成
  • 相談体制づくり、相談マニュアルの作成
  • 解決のためのサポート、相談者・当事者カウンセリング
  • リーフレット・ポスター、イントラネットなどの制作

アカデミック・ハラスメント研修・コンサルテーション

アカデミックハラスメントは主に大学などの教育・研究機関におけるハラスメントを指し、セクハラ、パワハラの学校版とも言われています。最近は小学校や中学校でのスクール・ハラスメントへの対策も急務となってきています。
学校法人は教職員だけでなく保護者や外部機関など対象が幅広いこと、独自の環境があることから、それぞれに対応した形で研修を実施いたします。

<教職員対象>ハラスメント防止研修(2-7時間)
セクハラ・アカハラについての理解。なぜ防止に取り組まなければいけないのか?教育指導とハラスメントの違い。具体的な防止、相談対応。
<相談員・人事担当者対象>ハラスメント防止研修(3-14時間)
ハラスメントの相談対応のための具体的なトレーニング。カウンセリングの基礎を含めた相談、解決まで。ハラスメント防止の体制づくり。
  • 学内の実態調査、アンケート調査と分析
  • 相談体制づくり、相談マニュアルの作成
  • 解決のためのサポート、相談者・当事者カウンセリング
  • リーフレット・ポスター、イントラネットなどの制作

ハラスメント・メンタルヘルス外部相談窓口の受諾

外部相談窓口の設置は、従業員が職場の中の人間関係や評価などを気にせずに安心して相談できる窓口として多くの従業員が望んでいる重要なサポートのひとつです。組織にとっても、ハラスメントやメンタルヘルスに関する問題をいち早く発見することができ、また、外部専門機関がサポートをすることにより、客観性を持って適切、迅速に対応をすることができます。

弊社の相談窓口は少数精鋭の専門家のカウンセラーたちが相談対応をしています。従業員の皆様にとってカウンセラーの顔が見えるので安心して相談をすることができます。
相談カウンセラーは心理カウンセラー、産業カウンセラーや、企業のメンタルヘルスに精通した看護師等の専門家が丁寧に対応いたします。

  • 電話による相談(フリーダイヤル)
  • メールによる相談
  • 対面での個人面談(弊社内カウンセリングルームあり)
  • 毎月の利用状況のご報告
  • 事実確認のためのヒアリングの同席(※別料金)
  • 社内担当者様への対応解決のための助言(※別料金)
  • ハラスメントやメンタルヘルス防止研修(※別料金)

メンタル・ヘルス研修

職場のハラスメントを起こさせない職場づくりのために、ハラスメントと密接な関係があるメンタルヘルスの理解やコミュニケーション力の向上は大切です。
部下や仲間の変化に気づく、心の健康管理、自らのストレスコントロールについて、万一メンタルヘルス不調者が発生した場合の対応、休職、復職の適切な対応などについて具体的な状況・課題を踏まえた研修を実施いたします。

<管理職対象>メンタルヘルスマネジメント研修(2-3時間)
メンタルヘルスについての理解。組織におけるメンタルヘルスの重要性。自分自身の心の健康管理、部下の変化に気づく、傾聴スキル、メンタルヘルス不調者、休職、復職への対応。
<全社員対象> メンタルヘルス研修 (2-3時間)
ストレスマネジメント研修 (2-3時間)
メンタルヘルスとストレスについての理解。自分自身の心の健康管理。自分のストレス傾向とタイプ別ストレスへの対処法。気づきの大切さ。

メンタル・ヘルス研修

日常のコミュニケーションの大切さの理解や、感情のコントロール、適切な指導や教育とは何かを実践的に理解するコミュニケーショントレーニングも効果的です。

<管理職対象>コミュニケーション研修(2-7時間)
エゴグラムにみるコミュニケーションスタイルの振り返り。感情とストレスのコントロール。適切な部下への関わり方、聴き方、伝え方。ポジティブなストロークをもちいた職場風土づくり。
<全社員対象>コミュニケーション研修(2-3時間)
エゴグラムにみるコミュニケーションスタイルの振り返り。職場でのコミュニケーションの重要性。相手も自分も尊重した関わり方。働きやすい職場づくり。